自毛植毛で一番人気の手術法とは?

自分自身の毛髪を、すでに薄くなってしまった頭皮に移植を行う「自毛植毛」は、現在多くの男性から人気となっている毛髪治療方法ですが、ひとくちに自毛植毛といっても、その手術法はさまざまで、クリニックによって異なったり、ご自身の頭皮の状態によっても違ってきます。
現在、海外や国内で最も多く行われている自毛植毛の手術は、メスを用いて頭皮を薄く切り取り、顕微鏡の下で1本1本丁寧に移植を行っていく「FUT法」です。

自毛植毛に関しての情報を紹介しているサイトです。

移植後の生着率も、約90%以上と高く、採取したドナーを無駄にする率がとても少ないと言われています。



また、仕上がりも自然であることから、多くの著名人やスポーツ選手、俳優なども「FUT法」で、移植を行うことが多くなっているようです。ただし、1本ずつ手作業で植え込んでいきますので、時間や費用が掛かってしまうというデメリットがあります。

それでも、移植をした毛髪のほとんどが、その後自然なヘアサイクルを取り戻し、生涯にわたって生え続けてくれるということもあり、ほかの移植手術よりも多少高額であっても、人気となっている植毛方法です。
もちろん、施術範囲が狭い場合や、メスを使った手術には抵抗があるという場合には、メスを用いない「FUE法」なども多く採用されている手術方法です。どの手術方法であっても、メリットやデメリットは少なからずありますので、最も大切なことは、頭皮の状態や、ライフスタイル、デザインなどをしっかりと医師と相談のうえ、ご自身に合った方法で手術を行うということでしょう。

OKWaveを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。